戦争体験を語り継ぐ会

麻生小学校の一日フリー参観日で、6年生の1,2時間目に『戦争体験を語り継ぐ会』を開催しました。社会科の授業の一環として、終戦直前まで沖縄で特攻隊の通信兵として過ごし、長崎での被爆、その後に広島の惨状も目の当たりにされた“植松 乾”さんから、沖縄・広島・長崎、そして敗戦といった戦争体験を生の声で 聴かせていただきました。

--・-- (ツー ツー テン ツー ツー)
-・-・- (ツー テン ツー テン ツー)
-・・・ (ツー テン テン テン)

20151121-1

これは、モールス信号でアサオだそうです。「どうやって通信してたのですか?」といった子どもたちの素朴な疑問にも気さくに答えていただき、子どもたちも興味を持って戦争について考えることが出来たのではないでしょうか。また、私自身もそうですが参加された保護者の方にとっても改めて戦争について考える貴重な時間でした。


コメントはまだありません

1 Trackbacks

Leave a comment