第6回ひだまり防災イベント

夏休み明けの恒例行事となった麻生中学校2年生対象の防災体験は3年連続の雨模様、お陰様で雨天開催も慣れたものです。(苦笑)

今年は4月に熊本地震があり、また1週間前には台風の影響で同中学校の体育館が避難所になったりと、生徒、先生そして私自身も改めて防災に対して深い関心を持って取り組むことができました。

実際、全校生徒への炊き出し体験では、熊本・大分の震災の影響で例年用意している50人前1パックのアルファ米が不足しているとのことで、1,3年生と教職員の約300人分は1人前ずつのパックで対応する必要がありました。つまり、昨年までは50人前を9パック作っていたものが、今年は1人前300パックと50人前を3パックを作ることに!この違いは大きいですよ。300パックそれぞれにお湯を注ぐ作業が発生する訳で、どう考えても混乱必死。と覚悟していたのですが、生徒たちは至って冷静、担当ごとに淡々と作業をこなし見事に全校生徒・教職員分をお昼の予定時間通りに配給することができました。因みに、配給はアルファ米だけでなくソーセージ2本付きです。仮設トイレの組立体験も、体験始まって以来初めて脚立まで用意され、非常にスムースだった様に思えます。20160829-1

その他には、麻生消防署さまのご協力で『煙体験』、『AED講習』、『地震体験』、『消火器体験』も。雨天のため『斜行式避難袋体験』こそ見送られましたが、お陰様で生徒たちに良い経験を積ませることができました。麻生消防署の隊員の皆さま、心よりお礼申し上げますと共に、来年もどうぞよろしくお願いいたします。20160829-2 20160829-3

地元自治会防災部長の堤さん、地元衆議院議員の中山さんなども顔を出してくれたことも、生徒たちが地元の防災に向き合う良い動機づけとなりました。そして最後は、昨年までの防災クイズではなく、高津消防署長さんの被災地での救助活動などの写真を交えた講演で締めました。「地震の時にまず机の下に潜って、自分の身を守ること!」、昔から言われているこの教え、本当に大切だそうですよ!20160829-4

手前味噌ですが、今年も充実した防災イベントを開催することが出来ました。ご協力くださった全ての皆さまに心より感謝いたします。

 


Leave a comment